夏でも冬でも化粧水でしっかり保湿を

吹き出物の原因は、多くの場合、肌の乾燥が原因になっています。
ですから吹き出物のケアには、夏や冬でも化粧水でしっかり保湿することが大切です。

 

吹き出物の原因は肌の乾燥

一般に吹き出物の原因は、肌の皮脂であると言われます。
ですから吹き出物をケアするためには「1にも2にも洗顔」と言われることもあります。

これはたしかに、思春期のニキビには当てはまります。
思春期のニキビは成長にともなうホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されてできるため、
分泌された皮脂を洗顔で洗い落とすことは大切です。

ところが大人になってできる吹き出物は、皮脂よりもむしろ乾燥が原因になっています。

皮脂は本来通常ならば、肌を守る働きをしています。
肌の表面を覆うことにより、肌から水分が蒸発して乾燥することや、雑菌が肌に侵入することを防いでいます。

ところが洗顔し過ぎることにより肌の皮脂を洗い落とし過ぎてしまうと、肌は乾燥することになります。
乾燥して防御機能を失った肌は、逆に皮脂を過剰に分泌させるようになり、それが吹き出物を作る原因になってしまいます。

 

思春期のニキビと吹き出物はできる場所や季節が違う

思春期のニキビは、皮脂の分泌が多いおでこや鼻などのTゾーンにできることが多いのが特徴です。
それに対して吹き出物は、乾燥しやすい口の周りやフェイスラインなどのUゾーンにできやすくなります。

思春期のニキビが、皮脂の分泌量が増える春から夏にかけてできることが多いのに対して、
吹き出物は逆に肌が乾燥しやすい秋から冬にかけてできやすくなります。

 

吹き出物のケアには夏でも冬でも化粧水でしっかり保湿を

ですから吹き出物をケアするためには、まず第一に肌の乾燥を防ぐことが必要です。
それには夏でも冬でも、保湿力の高い化粧水をたっぷり使い、しっかりと保湿することが大切です。

化粧水は、さらに吹き出物の炎症を抑える効果のある成分を配合したものがおすすめです。