吹き出物を気にし過ぎるとストレスで余計に増える

吹き出物を気にし過ぎると、ストレスで吹き出物が余計に増えることがあります。

適切なスキンケアの方法を知ることにより、
安心して吹き出物のケアを行なうことが大切です。

ストレスは吹き出物を増やす

ストレスは吹き出物を増やす原因となります。

ストレスを受けると、人間の体内では男性ホルモンが分泌されるようになります。
男性ホルモンは攻撃性や瞬発力を増し、人間がストレスから脱出するのを助ける働きがあります。

ただ男性ホルモンは、皮脂の過剰分泌を促す働きもあります。
ですからストレスを受け続けると、皮脂が過剰に分泌され続けることになり、吹き出物ができることにつながってしまいます。

男性ホルモンは、男性でいうとヒゲが生える部分に多く分泌されるため、
ストレスが原因となってできる吹き出物は、口の周りやフェイスラインなどに多くできるのが特徴です。

ストレスが原因となって吹き出物ができる例の1つに「環境ストレス」があります。
引越しや転職などをきっかけに吹き出物ができてしまった場合は、環境ストレスが原因となっている可能性があります。

また過激なダイエットも、やはりストレスとなって吹き出物を増やしてしまうことがあります。

 

吹き出物のケアをストレスとしないために

吹き出物ができて、それを気にし過ぎるとそれがストレスとなって吹き出物が余計に増えることがあります。

吹き出物のケアをストレスにしないためには、
適切な吹き出物ケアの方法をきちんと把握し、それを安心して実践することが大切です。

成長にともなうホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されてできる思春期ニキビと違い、
吹き出物の多くは肌の乾燥が原因になっています。

ですから吹き出物のケアには、まず肌を乾燥させない洗顔料の洗濯と、
正しい方法で洗顔することが大切になります。

また保湿は念入りに行い、さらに吹き出物跡の予防など吹き出物に対し多くの効果を持つビタミンC美容液を使うのが効果的です。