界面活性剤入りの洗顔料は使っちゃダメ

多くの洗顔料には界面活性剤が使われています。

界面活性剤の入った洗顔料は、肌の防御機能を破壊することにより吹き出物の原因となりますので、できるかぎり使わないようにすることが大切です。

 

界面活性剤とは?

汚れの多くは油性です。
油性の汚れはそのままでは水に溶けないため、水で洗い落とすことができません。

界面活性剤の分子は、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分とを両方持っています。
この構造により界面活性剤は水と油の仲立ちをし、油を水に溶かすことにより、油汚れを水で洗い落とすことができるようにします。

界面活性剤は肌の防御機能を破壊する

豊かに泡立ち、強力に油汚れを界面活性剤ですが、洗顔料として肌の汚れを落とすのに使われると、大きな問題が起こります。

まず汚れを落とす作用が強すぎるために、必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになってしまいます。

皮脂は肌の表面を覆うことにより、肌にある水分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守る働きをしています。
肌から皮脂が失われてしまうと、肌は乾燥してしまうことになります。

さらに多くの洗顔料に含まれている合成系の界面活性剤は、水で洗い流そうとしても肌に残りやすい性質があります。
肌に残った合成界面活性剤は、元々石油が原料ですから、肌の角質層に入り込み、細胞に悪影響をあたえ、肌の防御機能を破壊することになります。

皮脂が取り去られ、防御機能が破壊されると、肌はそれを何とか回復させようと、皮脂を過剰に分泌させるようになってしまいます。

 

皮脂の過剰分泌は界面活性剤が原因

このように、界面活性剤は肌の防御機能を破壊して、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
皮脂が過剰に分泌されると、その皮脂が毛穴につまることにより吹き出物ができることになってしまいます。

一般に吹き出物のケアには「洗顔が大切」と言われます。
ただし洗顔の際、界面活性剤が含まれる洗顔料を使ってしまうと、かえって吹き出物を作ることにつながってしまいますから、洗顔料には界面活性剤が含まれないものを選ぶことが大切です。